狼と香辛料 merchant meets the wise wolf

 食いついてみるようなアニメには感じられないのだが、静かにみ続けられるアニメ。テレビ大阪テレビ愛知BSテレ東等で放送中。dアニメストア、U-NEXT、Hulu、ネットもテレ東等で配信中。
レストランHoloと本年5月7日~9月30日までコラボレーション中。
第二章クライマックス舞台挨拶付き先行上映会が2024年6月1日、神奈川:T・ジョイ横浜SC6、東京:TOHOシネマズ 新宿SC9、TOHOシネマズ 池袋SC6で開催予定。
2008年にもアニメ化されており、今回再制作された。

7話までみた。主人公は行商人、麦の豊凶を司る神が住む農村から麦を買いつけている。その農村はしかし新しい農法を導入して神のご機嫌を伺わずとも麦を穫れるようになったという。
そうして時代の変化に追われた神は行商人の荷馬車に潜りこんで村を出てゆく。
このように説明すると童話のように聞こえる中世ファンタジー、魔法で戦ったりはしていない。

 通貨改鋳が予定されているから銀貨を買い占めて転売するとか財政難の王族が関税特権や採掘権を売るとか、そのような難事に乗じて儲けようとする商人も登場する。
リーマンショック2008年の際にも、大衆が家や仕事を失った裏で大儲けした投資家がいたように、社会変動を一攫千金の好機と見る投機的な思惑がある。作中ではその行動に否定も肯定もない……いや多少肯定的な、商人のモノの見方を紹介して見せるアニメでもある。




マネー・ショート華麗なる大逆転 (字幕版) prime video :Amazon.co.jp


アストロノオト

 また変なアニメが始まってしまった。楽しいけれどなかなか狂ったアニメだと思う。サンテレビテレビ北海道BS朝日等で放送中。dアニメストア、U-NEXT、Hulu、スマートパスプレミアム等で配信中。
オムライス専門店「ポムの樹」、エースコック株式会社等とキャンペーン中。

7話までみた。主人公は木造二階建てのアパートに料理人として住込みで働き始めた男性、妙齢の女性管理人に恋をする、けれど彼女は宇宙人だったのだ、という設定から始まるラブコメホームドラマアニメ。

 (恋愛ものにしては)性的な場面があるようでなく、色彩が明るく設定され、家族向け作品といってもいいかもしれない。
前回の「変人のサラダボウル」は恋愛ものでないのにたびたび性的な場面が挿入され、10代~30代向けの様相だったが、こちらは10代以前と40代以降向けと見られる。深夜アニメながら数時間早い時間帯で放送していい。
私は両作品ともにだいぶ楽しんでみていて、おかしな作品設定のもとで登場人物が各々の思惑で動き回り、奇妙なところで重なるコメディ、という点では共通している。

 主題歌がJポップではなく歌謡曲。最近の歌はビートばかりでメロディがない、だったかそんな風に言われているが、これはメロディ重視のようである。



めぞん一刻(1980年代)は元ネタの一ツ

変人のサラダボウル

 容赦なき岐阜アニメ。TBS、CBCテレビとちぎテレビBS11AT-Xで放送中。Lemino、U-NEXT、Hulu等で配信中。
「変人のサラダボウル」 ~ここが岐阜県六本木じゃ!~ 第1話~第6話一挙上映会が本年5月26日14時、岐阜柳ヶ瀬CINEXにて開催予定。

6話までみた。岐阜県岐阜市を舞台に、異世界からやってきた少女が探偵のもとに居候してどうこうするコメディ社会派アニメ。また変なアニメが始まってしまった。楽しんでみているなかなかオフビートなアニメだと思う。

 異世界人に日本を紹介するアニメでもあるが、ホームレスが登場したりカルト宗教とかいじめとか投機的転売とか、岐阜の宣伝アニメとして大丈夫なのかーと思う題材を扱って、素知らぬ顔で泰然自若と構えており、織田信長の出身地は剛毅なようである。

異世界からやってきた少女が実は信長の子孫で、彼女がいた異世界とは信長が生存した並行世界の日本だった、という設定が出てくるが、信長の天下布武を賞賛するような描写はない。

 変人が多数登場する、というより現在の日本がヘンだと描写するアニメなので、日本大好き愛国者には薦められない。



歌詞がえぐい
和ぬか「ギフにテッド」の楽曲(シングル)・歌詞ページ|1023449643|レコチョク

名誉伝説「今晩の喧嘩」の楽曲(シングル)・歌詞ページ|1023449611|レコチョク

ゆるキャン△ シーズン3

 自然の情景の中を登場人物が往来するだけの、ほぼ旅の記録アニメ。AT-XTOKYO MXBS11YBS山梨放送、テレビ新潟、SBSテレビで放送中。dアニメストア、U-NEXT、Hulu、スマートパスプレミアム等で配信中。

5話までみた。一期2018年、実写ドラマ2020年2021年、二期2021年、映画2022年に続く人気シリーズの三期めでキャンプが主題。
観光アニメかつキャンプ用品・野外調理を紹介するアニメになっており、もし商品リンクがついていたらアフィリエイトアニメになる。

そんな内容でも嫌味を感じないのは、(私がアフィブロガーだからではなく)このアニメの善性、と言えばいいのか、悪意を匂わせることがほとんどなく、視聴者の心理を逆撫ですることもない演出による。

 キャンパーやバックパッカーには自然環境の中へ入っても自然への負荷をなるたけかけない、という考え方を持つ者がいる。自然観光によって環境負荷が高まることを避けるために提唱され、ローインパクトlow impactという。
作中で使われる焚き火台などもそれに沿った製品で、露地で直火を熾して跡を残すことを避けるために使われる。

このアニメはローインパクト云々などとは言わないし、環境保護などのテーマを高く掲げて説諭したり啓蒙したりすることもしていないが、その思想を体現する、などという結論さえ疎ましくなるような、情景に身を置くアニメである。


これからのバックパッキング: シェラ・クラブからローインパクト法の提案 :Amazon.co.jp

最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。

 題名に偽りないアニメだった。TOKYO MXBS朝日ABCテレビAT-Xで放送され、dアニメストア、U-NEXT、Hulu、TELASA (見放題プラン)、auスマートパスプレミアム等で配信中。

全話みた。剣と魔法のファンタジー世界を舞台に、少女が一人で旅する話だ。
テイマーtamerとは調教師などのことで、主人公は魔物を飼い馴らす能力を天から与えられるものの能力値がゼロ、最弱だったために生地を追われ、途中で出会った最弱の魔物とともに放浪者となる。
 最弱とか低レベル設定は物語後半になって実は強すぎて能力値を測定できず表示されなかったとかなんとか理由がつけられて最強主人公へ転身したりする場合があるが、このアニメは最後まで最弱のままだった。
そのような場合は狡知をもって生き延びたりするがそれもなく、このアニメでは公正性や周囲の温情によって、また主人公自身の誠実さによって生き延びる。
その公正や誠実をことさら強調するでもなく説教じみてもおらず、物語が進む。

 深夜帯に放送する必要性が感じられない家族向けアニメだった。長期不況でなければもっと早い時間か休日午前に放送されていただろう。

 さて、このアニメはおっさんハーレムアニメでもあるのでおっさんおばさんはみるとよい。


最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。ドラマCD :Amazon.co.jp
Audible (オーディブル) 会員登録 :Amazon.co.jp

明治撃剣 -1874-

 明治撃剣(めいじげっけん) -1874-はBS松竹東急(BS260ch)で放送中。Amazon Prime Video、U-NEXT、hulu 、Lemino 、FOD、DMM TV、バンダイチャンネル等で配信中。
本年3月21日及び22日深夜(3月22日及び23日未明)に一挙放送予定。

8話までみた。明治維新の余熱がまだ残る1874年(明治七年)、会津藩士だった警官、庄内藩士だった渡世人、幕末に武器輸入していたプロシア人などが交錯してチャンバラする娯楽時代活劇。

 作中の悪役が金髪で髷を結った外国人、軍資金を用意して元会津藩主、松平容保に会い賊軍の汚名を濯ぐため明治新政府に反乱を起こすよう進言する。なんと実在の人物だったのだが、作中と同じ行動をとったかは不明である。
作中催される「大日本撃剱会」は、当時あった剣術試合を見世物にする「撃剣興行」が元ネタのようである。

 エンディングのスタッフロールは全て英字、制作元は「クランチおにぎり」、カナダのアニメ専門配信サイト、クランチロールの一部門らしく、日本制作アニメだがプロデューサには他国人の名が連ねられる。
出資比率はわからないが外資が入った輸出仕様アニメ。

 アニメと時代劇は制作にカネと人手を要するため不況に弱い。
アニメは底堅い内需に加え外需があって、新作が年間三百本以上制作されるのに対し、時代劇は十本もない、いや五本あるかどうかだ。高齢化率29%に達する日本において、老人いや老人のみならず歴史好きにも好まれる時代ものには潜在需要があると見られるも、制作本数が極端に少ないことは、不況を意味している。或いは取りこぼしている需要があると考えられる。時代劇はBSやCS放送で定期的に再放送され、時代劇専門チャンネルさえあるのにだ。

 そこで時代劇も外需を狙い、アニメと組み合わせて制作されているためこのアニメは輸出仕様になったと私は推測している。



魔女と野獣

 非常識と常識が混在しているアニメ。
TBS、RKKBS11TBSチャンネル1で放送中、U-NEXT、アニメ放題、dアニメストアauスマートパスプレミアム等で配信中。

 8話までみた。1話を除きほぼ二話完結。
魔女が存在する架空の現代欧州を舞台に、魔女犯罪──人智を超えた魔法を用い、俗世から遊離しながら俗物っぽい欲望を持つ魔女や魔術師が行う、猟奇的で残忍な犯罪に対処する話。
相棒もの(バディもの)でもあり、主役は二人、冷静沈着な魔術師と、攻撃的で口汚い美女が教会から派遣されて魔女犯罪を捜査する。

 異能力バトルものに分類される作品設定だが、バトルに次ぐバトルで視聴者を惹き付ける、というよりは、禁忌を犯すのがかっこいいとか耽美だとか酔っている犯罪者の美的感覚を破壊する話という印象を受ける。したがって非常識と常識が混在し、物語は常識的なほうへ収束する。
画面に表示される情報が多くも少なくもなく、アニメ演出に手慣れている印象がある。

 魔女を肯定的に受け入れる作品が多いなか、このアニメの魔女像ははめつのおうこくと同じく中世の感覚に近いんじゃないかと思う。
あちらはバトルの連続でみせるアニメで、着地点が見えず題名通り破滅へ向かうが、こちらは常識的な場所へ落着することで世界を維持する。もっともいま放送されている「魔女と魔剣」編では世界が崩壊しそうな展開になっている。